生命保険Top >  生命保険加入時の注意事項 >  生命保険加入で必ず把握しておきたい免責事由

生命保険加入で必ず把握しておきたい免責事由

生命保険の支払がおこなわれる時、おこなわれない時があります。

何かしらの理由により、生命保険の支払いが行われない、

生命保険会社が、保険金を例外的に支払わなくてよい理由を免責事由と言います。

免責事由については、契約時に目を通す約款に記されています。

なぜ、このような免責事由が定められているのか、それは保険制度の悪用防止、

破綻を防止したりする為のものです。

災害や戦争また犯罪など特殊な条件の下で、免責事由が適用されるように

定められているはずです。

では、どのような時に免責事由が適用されるのか、いくつか例を挙げてみたいと思います。


生命保険に加入している被保険者が、契約日から1年以内に自ら命を絶った場合は、

保険金が支払われることはありません。

保険金を受け取ることを目的とし、保険金の受取人が被保険者の命を奪った場合も、

同様に保険金が支払われることはありません。

地震、津波、火山の噴火など天災による死亡、戦争やクーデターなど大量に亡くなる方が

でるような場合も同様に保険金が支払われることはありません。

しかし、阪神淡路大震災で5000人以上の方が亡くなられましたが、

この時は、保険金が全額支払われたようです。


その他では、泥酔状態、精神障害を原因とする死亡、酒酔い運転、無免許運転によって

亡くなった場合も免責事由が適用されます。

死刑により亡くなった場合も、保険金は支払われないようです。

保険加入時に気をつけておかなくてはいけない事ですが、生命保険加入時に、

健康状態、病気の経歴について虚偽の申告をした場合も、

告知義務違反で保険金を受け取ることができません。


また、保険料を滞納してしまい支払を猶予された期日までに払い込まなかった場合も、

免責事由が適用されることになります。

保険金受け取りに時効がある事も知っておいてください。

被保険者が亡くなってから、2年以内に保険金の請求がない場合は、

時効となり保険金を受取れなくなります。


このように、様々な条件下で免責事由が定められています。

契約をした後で、免責事由なんて知らなかったでは通りません。

生命保険に限らず各保険に加入する際は、必ず約款に目を通し、

契約内容を把握しておくことを忘れないでください。


生命保険の上手な加入と活用トップへ

生命保険加入時の注意事項

生命保険加入時に必ず把握しておきたい約款などに関する注意事項を解説しています。

関連エントリー

生命保険加入で必ず把握しておきたい免責事由


生命保険メニュー
生命保険RSS
生命保険タグ
  • seo tag